2015年04月06日

いよいよオープン「一平」

150406_1628~01.jpg

十三本町3丁目の「一平」さん。本日よりリニューアルオープンです。ちょぴり照れ屋さんの大将と、今日は美人ママもいるはずです。小鉢2つとビールで500円は安い。3日間限定のセットだそうです。皆さん、ぜひ覗いて見てください^^

十三本町3−7−46。十三東から十三本町への開かずの踏切を待って進み、神戸線の線路は渡らず右へ。淀川警察のほうへ行く道沿いです。隣は美容室です。
posted by のーみ at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月02日

元気な友人。

もうすぐ69歳になる友人が、めきめき元気になっている。昨年の今頃、ついに遊びすぎた体が限界を訴え、一時入院。本当に心配したが、いつでも夢を語る前向きな性格は変わることなく、その調子で驚くスピードで回復。昨日久しぶりに見た笑顔にはホッとした。もう大丈夫そう。

来春には大好きな草野球に復帰したくて、リハビリに留まらず、体の鍛え方を自分なりに習得中。今後は食についても学びたいらしい。それからワード・エクセルは使いこなせるようにするらしい。まだなんか言ってたけど、忘れた。ああ、これまでまったく興味がなかった旅行もしたくて、写真に凝りたいとか言ってた。

全部やれそうな気にこちらもなってくる。ビバ、前向きな性格^^
posted by のーみ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月13日

十三@ほーむ寄席、いったん区切り。

4年前から、13日に、神津神社で開いている十三市と合わせて、ほぼ毎月開催してきました「十三@ほーむ寄席」。かなり常連さんが増えていて、ここでしか会えない方もおられ、笑いを軸にしたコミュニティが生まれていたのですが、現在の体制で続けることが難しくなり、いったん締め。ということになりました。当初から休まず来られていた方もいらっしゃいました。開演30分前から玄関口で入場を呼びかけていたので、あれ?あの人まだ来ないな?どうしてはるのかな?と気になったこともしばしば。何となくお客さんが少なく淋しく思っていたところへ!開演5分前くらいから続々笑顔の常連さんが集まって、とてもうれしくホッとしたこともしばしば。悪天の中の開催で、少人数でも大笑いしたことも。いろんな思い出ができたことに改めて感謝した今日でした。楽しみにしてくださっていた皆さんと、毎月のように顔を合わせる場がなくなるのは淋しいです。また再開できる日をめざして、頭を捻りたいと思います。「十三@ほーむ寄席」はよしもとさんが「地域からも笑いを」ということで落語や漫才を1時間たっぷり楽しませてくれていました。地域の実行委員会としてザ・淀川も携わらせてもらっていました。会場として、ずっと協力くださっていた神津神社さん、そしてお茶子&企画コーナーの林のおっちゃん、めくりを書いてくださっていた、市民劇団「淀川おもろしょ座」の久保さん、本当にありがとうございました!お客さんへ。またどこかで会いましょうね!
posted by のーみ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月06日

角度による。

小さいと思ったのに。

150127_1514%7E01.jpg

意外と大きかった。

150127_1514%7E02.jpg

すや、すや、寝息が聞こえてきそうなある日のねこ。

このところ、区内の小学校で行われている、朝の読み語り活動を取材させていただく機会が増えてきました。活動している皆さん、明るく、賑やかで、真面目で、感化されるものがあります。絵本を通じて、ものごとにいろんな見方・考え方があることを伝えてくれます。読み手の方、それぞれの解釈や表現がちがうので、子どもたちも「いろんな」を素直に実感しているようです。私も絵本・物語は好きです。いつかあんなふうに読めたらなぁ…

おまけは、神津小学校で見たいろんな鬼。

P3040001.JPG
posted by のーみ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月12日

明日は13日。

明日、13日は神津神社で「十三市」。9時頃からお店は並び始めています。11時からは、参集殿の2階で「十三@ほーむ寄席」。
今月の出演者は、
桂三風さん
桂ぽんぽ娘さん
ラフ次元さん
です。
三風さん、風刺が効いた創作落語が聴けるかな^^楽しみ♪ラフ次元さんは、十三@は初めましてのおふたり。皆様、ぜひお出かけください。入場はナント!無料です。神津神社でお待ちしております。
posted by のーみ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月06日

2015年もよろしくお願いいたします。

皆さま、お正月はゆっくりと過ごせましたか?
私は、久しぶりに従姉妹に会えたり、甥っ子と遊んだり、ちょっとのんびりとした年始でした。

14203728562360.JPG

甥っ子からの手紙。新潟暮らしの彼らと、ちょっとは仲良くなれたかな。甥っ子の影響をうけて、妖怪ウォッチのことも今は少しわかります。

そういえばおみくじは小吉で、失い物が見つかるそうです(^^)v旅は、午前中に出かけるといいとか。「普通そうやろ」と隣でつぶやく人もいましたが。それが普通かどうかは。

さぁ、2015年も6日目となりました。今年もよろしくお願いいたします。明日はお粥!

こちらは年末恒例の釣り部の皆さまの宴会。カツオの唐揚げ、めっちゃおいしかったな。

141230_1830%7E01.JPG

141230_1831%7E01.JPG
posted by のーみ at 16:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月30日

2014年もありがとうございました。

あと1日と何時間かで2015年になりますね。今年も、若干更新が減ってきているこのブログを見てくださっていた皆さま、ありがとうございました。忘年会が続いていて、非常に年末を意識しています。1年は早いけれど、流されることなく中身をよく確認しながら過ごそうと思っています。来年もよろしくお願いいたします。

昨夜は十三の居酒屋・富五郎さんで忘年会。いつも川柳大会をします。今年のお題は「人」。よどがわ川柳代表・本田智彦さんの「風景を詠むのではなく、人を詠むのが川柳」という思いそのままのお題。10の佳作と「天・地・人」の合計13作が選ばれるのですが、今年を締めくくった秀作、天の句に選ばれたのは、富五郎さんの若女将、ゆかさんでした。

一年を人と笑顔でしめくくる

富五郎さんにいて、忘年会に集まってくる沢山の顔ぶれをみながら、いい句やなぁと思いました。来年もおいしいお酒が皆さんと飲めますように。

私も佳作に入れてもらい、富五郎さんから酒粕もらいました〜。

PC300004.JPG

編集部がいい匂いになっています。入選句は、ザ・淀川でも掲載します。これからも、誌面をはじめ、十三市やよどがわ川柳、十三@ほーむ寄席、他、誌面で紹介しているいろいろな催しをよろしくお願いいたします。さぁ、今から飲み歩きメンバーとの忘年会。大漁を期待していていいのかしら?
posted by のーみ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月22日

寒い夜だから。

最近、飲み仲間のあいだで、「あの頃を思い出してみる」のが流行っている。思い出させてくれるのはもちろんヒット曲で、このところ携帯が高機能なので、映像を見ながら飲むこともできる、ということがこの飲み歩きでわかってきた。

更新はしてなかったけれど、概ね月に1回、当てのない飲み歩きは続けていて、今月のスタートは大物。姫島から乗れば良かったと後悔しながら梅田から乗ったら、隊長から「いま難波出た」とメールが鳴る。頷いて路線図を見てみると、難波からと梅田からとでは着く先が同じ大物なのか違う大物なのか…微妙なところ!周りの人は当然何も疑問に思てません、というふうな顔なので訊くこともできず、初心者は我慢してイチかバチかの大物下車。無事、みんなひとつの駅でした。

先乗りしていた仲間が見つけてくれていた、おでん屋「大物」。寒い夜だから、おでんは最高です。好物です♪

141215_1910%7E01.jpg

おでん屋さんという割に、壁中違うメニューばかりなので、隊長が「ほな盛り合わせで」と頼むとボリュームたっぷり。それなのに隊長は練り物、それから玉子は苦手とのこと!私もうっすら同感なので「へーそうなんですか」と言って他のをつついていたら、気づけばIさんが食べていました。3人居るって、いいですよね。

カレイの煮付け!

141215_1912%7E01.jpg

めっちゃ美味しいけど、おでん盛りもこの煮付けも値段が書いていなくて、酔っ払うまではどきどきしていました。

おすすめメニューはこちら!

141215_1958%7E01.jpg

カレーやきそばです。「やきそばにルーかかってんのかなぁ」という想像を裏切って、厨房から中華鍋でも回しているのかという音と、香辛料のいい香り。しかし!激辛か、中辛かを選べるはずで、私たちは激辛を選んだはずなのに、お店のママがすごい顔で中辛にしとき、と言うので中辛になった中辛やきそばは、ほんまに普通に中辛で、「激辛食べたかったな」という隊長が何だか少年のようでした。

でも、おいしかったです。

そして寒い寒い中、店を出て歩きます。そういうルールです。

2軒目は中華!中華のときの隊長のセンスを私は信じています。

141215_2057%7E01.jpg

やきぶた^^ なぜか日本酒が飲みたくなって、熱燗ちびちび、かに玉と麻婆豆腐。

141215_2111%7E01.jpg

お皿かわいい。

もう歩くの寒い。でも歩きます。JR尼崎!

沖縄料理でゴール!

141215_2206%7E01.jpg

おしゃれなそうめんチャンプルー。シンプルで美味したかった。Iさんは寒くないの?アイスを2回頼みました。バービーボーイズのミュージックビデオを見ながら♪(完)
posted by のーみ at 21:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月04日

南三陸に行ってきました。

先週末、三津屋商店街にある「みつや交流亭」の仲間と、旭区にある福祉作業所「飛行船」の皆さんとで、宮城県南三陸町に行ってきました。目的は、毎月最終日曜日に開かれている「福興市」に参加し、お手伝いすること。そして現状を知り、大阪に持ち帰ることでした。

今回は、津波の被害が大きかった閖上地区と、南三陸町で、現地の方々のお話を聞きました。どちらでも、「自分の身は自分で守る」ということが、熱心に語られました。助けにいったために、その方も亡くなったというケースが多くあったようです。言葉では厳しく聞こえるかもしれませんが、援護が必要な方も含めて、周りの方と、自分はどのように逃げるのかということをしっかり想定しておくことが必要ですね。また、早くに避難されましたが、暖をとるため車の中にいて、津波に巻き込まれた方もたくさんいました。

以前は活気ある漁港と商店街、民家があった南三陸町。現在は商店街の復興とともに、少しずつ居住地も作られようとしていましたが、住居は高台に建てる方針とのこと。どのような町並みになっていくのか、今後も目が離せません。

↓南三陸の名産、オリジナルグッズが買える、南三陸さんさん商店街。

PB300204.JPG

高台にある志津川中学校からは、まちが一望できます。そこに、おばあちゃんが一人。「地震のあと、誰かに助けてもらったけど顔を見ることができなかった。その人は助かったのか…」そのことをずっとここで考えています。話を聞くという存在がとても大事であることもわかりました。

PB300150.JPG

翌日曜日は福興市へ。11月はサケ祭り。しゃぶしゃぶもありました。

PB300109.JPG

PB300113.JPG

地元の志津川中学生もお手伝い。みんな、かわいかった!

PB300187.JPG

美味しすぎて御法度になったと伝わる登米名物、「はっと汁」の、南三陸・海鮮バージョン。

PB300191.JPG

毎月最終日曜日です。全国各地から出店されています。一度訪ねてほしい場所。

淀川が見え、帰阪。次号でも記事を載せます。

PB300210.JPG
posted by のーみ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月28日

十三@ほーむ寄席。

もうすぐ12月ですね。寒くなりそうです。
13日は、神津神社で十三市。11時からは、十三@ほーむ寄席もあります!よしもとの落語家さんや漫才師さんが3組登場。なんと入場無料です。みんなで笑って、温まりましょう!待ってます。

141128_1300%7E01.JPG
posted by のーみ at 13:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記