2017年11月23日

ひと段落したのかな?

イベントが目白押しの秋も、先日19日の三津屋音楽祭で、ひと段落したのかな?イヤ、まだだ。とは思うけど、ちょっとホッとした気分。10月に予定していた、よどがわ河川敷フェスティバルは残念ながら悪天で中止になったけど、三津屋音楽祭当日は、風は冷たかったものの天候はよく、陽が差すと少し温かい空気も感じられ、絶好のお祭り日和となりました。

11時に阪急神崎川駅前でオープニングした後は、三津屋商店街内や、光専寺、三津屋小学校を舞台に、いろんなジャンルの音楽が溢れました。私は、元岡本書店のスペースの進行を担当。全部で4つのステージは、どれも素晴らしかったです。楽譜がなく即興でエレキギターを奏でる「ゆめのまさる」さん。二胡や楊琴など中国の楽器を中心としたアンサンブルで、親しみある懐かしい日本の曲を演奏してくれた「北星」さん。ギターとボーカルのデュオで、子どもの間で人気沸騰中という曲『ゴリラ』で始まり、個性的で且つ心地よいメロディのオリジナル曲が印象的だった「Twinkle Rabbits」さん。大人女子の魅力たっぷりのステージで、歌い出すと観客が続々集まり会場を大いに盛り上げてくれた「Upend 大人コーラス」さん。いやぁ本当にすばらしかった。

スタッフでいて淋しいのは、他の会場が見られないこと。でもスタッフだったからお客さんの反応一つひとつが自分のことのようにうれしかったし、それが楽しかった。音楽はいいですよね、ほんと。

ということで、出演いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、ろくに挨拶もできなかった方もいましたが、音楽祭を盛り上げてくださって、ありがとうございました。来場してくれた皆さん、一緒に盛り上がってくれて、ありがとうございました。

小学校でフィナーレを迎えて、第2部・夜は、酔ってやさん!

IMG_4121.JPG

nominagalive。

出演は、深い歌詞が気になって仕方ない、でも実は曲がよい、オリジナルフォークの天満の哲さん。そして、ギター&ピアノで、主にインスト。オリジナルをはじめクラシック曲も多数聴かせてくれた「H2」さん。センスの良さにうっとり。気づけば「ブラボー!」と叫んでいました。ぜひまたライブに足を運んでみたいです。

さぁ、明日には12月号が出来上がります。ミュージシャン特集や飲食店特集など、2017年を締めくくる賑やかな企画あり。きっと身近な人の登場もあり。手元に届いたら、ぱらっとめくってもらえたらうれしいです。飲食店も利用してくださいね。
posted by のーみ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181651676

この記事へのトラックバック