2017年04月04日

またまた十三。

4月2日は国連が定める「自閉症啓発デー」で、世界中がブルーライトアップで青く光っているのをご存知でしたか?

今年、十三でも「アオクスル祭り」が開かれました。「発達障害を知ってもらいたい」という思いから、十三水交ビルに拠点を置く一般社団法人みがくの建山さんが「アオクスル」を考案し、「ビル全体でやりましょう」と水交ビルオーナーの深沢さんが答えて実行委員会が発足。

P4020101.JPG

見事にアオク。

「アオクスル祭り」はお昼から開かれていて、子ども向けにはネイリストやプログラマー、ボンネット磨きなどの職場体験コーナーがあり、大人向けには「大人の発達障害」や「吃音って知っていますか?」のセミナーがあって、勉強になりました。「アオクスル」会場には、このところよく会う皆さんが来ていて、セミナーの合間に自分たちの性格や職場のことも重ねて話し合えたのが、内容をより反芻することができて良かった。「アオクスル」詳細は次号でも続報します。

この日はもうひとつ十三で。時間は戻って昼過ぎ、会場へと急いでいたら。ん?

P4020003.JPG

H先生と目が合って、目をそらせず、H先生が宣伝役をしていたチャリティ野点に参加しました。S井さんのご自宅で開かれているお茶の教室の主催で、最初は2011年3月、東北での大震災のあとに取り組まれたそうです。今回の義援金も、裏千家を通じて被災地の復興支援に役立ててもらえるそうです。

P4020002.JPG

P4020001.JPG

作法を全く知らずにいたら、S井さんに、そのままぐっといってもいいよと甘やかされました。すみません、ありがとうございました。桜の和菓子に春を感じ、お茶をとてもおいしくいただけました。
posted by のーみ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179308116

この記事へのトラックバック