2017年04月14日

お世話になりました。

大好きなパン屋さんが3月末で閉店した。本当によく通った。

IMG_2443.JPG

35年も続いていたのかぁ(@@ カレーパンか、ミニソフトパンのサンドか、三角サンドイッチか、サンドイッチパックか、大体買うものが決まっていて、「今日は暑いね」「寒いね」「雨うっとうしいね」の3パターンの会話も決まっていた。

画像 289.jpg

ミニソフトパンのサンド、1つ100円。私のお昼ご飯は、シャルルさんのおかげで平均200円。焼き具合によって香ばしかったり、バターの風味が増していたり、気分によるのかある日は卵の塩加減が好きやったり。ああ、淋しくなってきた。このところ暴飲暴食が続いていて、いったんお腹を空にしないとビールがもっと美味しく飲めない、と思っているのに、お昼になるとガッツリ食べたくなる。シャルルさんのパンが恋しいなー。
posted by のーみ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月04日

またまた十三。

4月2日は国連が定める「自閉症啓発デー」で、世界中がブルーライトアップで青く光っているのをご存知でしたか?

今年、十三でも「アオクスル祭り」が開かれました。「発達障害を知ってもらいたい」という思いから、十三水交ビルに拠点を置く一般社団法人みがくの建山さんが「アオクスル」を考案し、「ビル全体でやりましょう」と水交ビルオーナーの深沢さんが答えて実行委員会が発足。

P4020101.JPG

見事にアオク。

「アオクスル祭り」はお昼から開かれていて、子ども向けにはネイリストやプログラマー、ボンネット磨きなどの職場体験コーナーがあり、大人向けには「大人の発達障害」や「吃音って知っていますか?」のセミナーがあって、勉強になりました。「アオクスル」会場には、このところよく会う皆さんが来ていて、セミナーの合間に自分たちの性格や職場のことも重ねて話し合えたのが、内容をより反芻することができて良かった。「アオクスル」詳細は次号でも続報します。

この日はもうひとつ十三で。時間は戻って昼過ぎ、会場へと急いでいたら。ん?

P4020003.JPG

H先生と目が合って、目をそらせず、H先生が宣伝役をしていたチャリティ野点に参加しました。S井さんのご自宅で開かれているお茶の教室の主催で、最初は2011年3月、東北での大震災のあとに取り組まれたそうです。今回の義援金も、裏千家を通じて被災地の復興支援に役立ててもらえるそうです。

P4020002.JPG

P4020001.JPG

作法を全く知らずにいたら、S井さんに、そのままぐっといってもいいよと甘やかされました。すみません、ありがとうございました。桜の和菓子に春を感じ、お茶をとてもおいしくいただけました。
posted by のーみ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月01日

十三こども0円食堂。

水交ビルで毎月第1土曜日に開かれている「十三こども0円食堂」。今から準備へ。

IMG_2366.JPG

昨日、みなじぃさんに分けてもらった野菜。「見かけはヒョロイけど、匂いがええ、味も濃いで」とみなじぃさんに言われながら掘られた人参たちよ、可愛いすぎるよ。S調理隊長のもと、どんな料理になるのかなぁ?

食堂は16時から20時までです。エプロン忘れた!
posted by のーみ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

十三。

IMG_2313.JPG

先日、「十三酔奏会」に行ってきた。ロックバンド「空団地」のギターでソロとしても活躍している藤本タカシさんと、年間ものすごいライブ数で各地を飛び回っている酒井ヒロキさんの“歌と酒と愛で満たす”恒例のライブイベント。

今年はライブ主催で会場の十三の居酒屋・富五郎さん創業85周年と、詠士さんの4代目襲名20周年(フライング)という記念の年であり、7回目の開催。ゲストに、声を聴いたら忘れられない口石和人さんと、BAR「カルカロドンカルカリィス」マスターでギターがめちゃカッコイイ、タッキィさん。

初めての開催は、2011年3月。開催直前に東北で大きな震災が起きて、いろんな催しが自粛、開催が見合わされるなか「自分たちにできることをやろう」とイベントを開催し、募金を集めていた。現在も、CDの売り上げなどの東北被災地への募金は続いています。

歌と酒と愛で満たすって誰が付けたんだろう。言葉そのままにみんなが仕上がっていく空間で毎年非常に楽しい。タカシさんとヒロキさんの歌は最高。そして口石さんが入院中につくったっていう『ブルース酒場』、絶対どこかにモデルの店ある、店主おるんちゃうかなぁと思うと笑けて涙が出た。十三好きだなぁ。

最後に、詠士さん、タカシさん、ヒロキさん、口石さん、タッキィさん全員で、十三のbar雑葉の“かぁちゃん”を追悼し、『デイドリームビリーバー』が歌われた。私は雑葉さんへは、ライブのときに訪れただけだけど、歌を聴きながら、出演の皆さんが泣くのをこらえたり、会場で涙をすする姿を見ていて、人柄を思っていました。みんなの姿が届いているといいな。

いろんな思いが生まれた一夜でした。詠士さん、タカシさん、ヒロキさん、口石さん、タッキィさん、いつもありがとうございます。
posted by のーみ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記