2015年10月14日

芸術鑑賞会。

13日、西三国小学校の芸術鑑賞会を訪ねました。校長先生から、「3年1組の子たちがちょこっと出演するんです」とお聞きし、それは見てみたいと駆けつけました。

出演は、人形劇団ひとみ座の皆さん。あの「ひょっこりひょうたん島」を演じていた一座です!ステキ。今回の公演は、文化庁の巡回公演事業として、作品の一部に児童も参加・そのために事前のワークショップもあったそうです。物語は「ズッコケ時間漂流記」。私も小さい頃にハマった記憶があります。ハチベエ・ハカセ・モーちゃんの3人組が、江戸時代にタイムスリップ。平賀源内とともに、現在に戻るため試行錯誤します。その中で、西三国小3年1組のみんなは、源内が開く発明塾の塾生として、自分たちで考えた発明品をプレゼンします。6年生が作った人形を操って、歌ったり、踊ったり、とても可愛かったです。

6年生が作った人形。

PA130123.JPG

ん?

PA130124.JPG

見たことのある顔があります。6年生、上手!見ていた児童の中にも「○○がおる!」と叫んでいる子がいたので、何だか世代のギャップも感じずうれしいものです。

PA130126.JPG

あの色、あのひげはもしや!?

芸術鑑賞会か。私もずっと以前の小学生時代に今思えば大阪市音楽団だったのだろうか?演奏を聞かせてもらって、「オーケストラに入りたい」と夢を持った日もありました。今回、ズッコケ3人組も、源内との出会いから具体的な目標や、具体的ではなくても将来に前向きな姿勢が生まれました。「子どもたちも、何かそういったことを思い描くきっかけになれば」と校長先生。公演後は6年生が、劇団員の皆さんから仕事の話をしてもらいました。

重役を大成功に終えた3年生。みんなは夢とかあるの?と尋ねたら、「そろばんの先生」と、ある男の子。「昆虫ハカセ」とある女の子もにっこり。
posted by のーみ at 19:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月09日

約10年越し。

「ガード上の焼き鳥に行きませんか?」と、中津在住のFさんにお誘いいただいた。以前、この辺りに住んでいたことがあって、ずっと入ってみたかったお店。ついに足を踏み入れるチャンスが来た。Fさんに感謝。

入ると、焼き鳥屋さんというよりは、お寿司屋さんみたいな雰囲気。いいお出汁の匂いもしている。お店は21年目らしい。やさしそうなご主人。意外にもたくさん話してくれた。

たこぶつをつついていると、ハート、もも、ねぎま(鴨)。

151008_1911~01.jpg

味もいいです。最後に松茸の土瓶蒸しも*^^*

ガードの下には美容室、2階は家、3階が焼き鳥屋さん。玄関がバラバラなので住所は違うそうです。でもご夫婦で経営されていて、連絡は子機で。ビル内に階段がないのが不便だとか。一休建築士のAさんを誘って、また来ますね!

もう製造されていないのれん。

151008_2010~01.jpg

近くにも、いい感じの食堂があるよとFさん。

151008_2036~02.jpg

151008_2030~01.jpg

ほんまや!

いろいろ悩むメニューですが、ポテサラと、玉葱のスパーシーフライを注文。

151008_2041~01.jpg

詩吟サークルの常連さんがおられて、発表会が始まりました。老若男女の皆さんが吟じていて、なんだか楽しい気持ちに。ごちそうさまでした。再びFさんに感謝。
posted by のーみ at 19:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月08日

朝夕は冷えてきました。

まだまだ夏と思っていたのに(それは気が遅いかな?)、すっかり秋ですね。そうか10月ですもんね。皆様の地域でも毎週のようにイベントが続いているのでは?私はこの間、野中地域の運動会へ行き、車いすの種目に出させていただきましたが、どんくさい結果に終わってしまいました。体、鍛えているのですが…。砂の道での車いすは難しいと聞きました。最近車いすでの行動が増えた祖母(祖母は自分では運転しないのですが)のことも思いながら、普段の道も気になるように。

おまけ。

151005_0935~01.jpg

このところ、ミシンくんの上にはクマさんが堂々と乗っています。
posted by のーみ at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月04日

だんじりの試験曳きへ。

このところ、みつや交流亭を贔屓にしてくださっている岸和田のUさん。飲兵衛だという噂しか聞いていなかったから、素面で出会うとイメージにギャップがありすぎて、どの人がUさん?というくらい、全身からやさしい空気を感じさせてくれる方です。子どもとおもちゃを作ったり、それで遊んだり、そんな活動もされています。

ちょっと低めに響く声で、やさしい話し方。でも一度、ものすごい勢いで注意を受けたことがあります。「だんじり」のことを「みこし」と言ってしまったその瞬間です。

Uさんは岸和田生まれの岸和田育ち。だんじりの話をすると止まりません。「もう一線を退いたから」とのことで、Uさんの案内で9月18日、岸和田のだんじりの試験曳きを案内してもらうことになりました。

撮影:Aさん。

12027564_807517462701287_4172040912554838305_n.jpg

12032973_807520222701011_2698742249485581411_n.jpg

12038268_934922589958800_7617843256561441620_n.jpg

初めて見る迫力と、町(ちょう)ごとのたてのつながり、横との関係を間近に感じて本当に「すっごいなぁ」を連発してしまいます。子どもも大勢いてめちゃくちゃ活気があります。これでも子どもの数が減っているというのだから、もっと以前はどんな感じだったんだろう。

いたれりつくせりのUさんツアー。

試験曳き終了後は、岸和田城へ行き(写真は庭園)

150918_1641~01.jpg

岸和田城が見えるお店で乾杯。

150918_1725~01.jpg

Uさんの「だんじり談議」と、お土産たっぷりと抽選会。

151004_1627~02.jpg

私が当たったのは、右の手作りのまとい!でもUさんが別の方が当たったシールも、またあげるから、と言って私にくださいました><そして切手や、パンフレットもいっぱい!

たらふく食べて飲んで、提灯がついた町へ再び。お囃子の音がまだ聞こえます。翌朝、早くから本番を控えていても、町は眠らない様子。ここで生まれていたら…と想像もつかない想像をしていました。

その後も「もう一軒行きましょうか」と、相変わらずやさしい口調のUさん。でもぐいぐい引っ張られる感じがあります。私たち「みつや交流亭」メンバーは「ハイ」と大人しく。

店に入ってびっくり。カレンダーは9月始まり!話している間に、それももらうことになりました。

151004_1713~03.jpg

いろんなお話とお土産と、Uさん、本当にありがとうございました!

150929_0744~01.jpg
posted by のーみ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記